八戸で注文住宅建てるなら イチニサンヨンのポイント伝授だすけ » 八戸で家を建てるときに知っておきたい基礎知識だべ

公開日:|最終更新日時:

八戸で家を建てるときに知っておきたい基礎知識だべ

家を建てるべ、思っても、何からはじめればいいか分からない人に向けて、値段の相場はもちろん、どんなことに気をつけて進めたらいいかをまとめやんすた。注文住宅を建てるときに知っておきたい事前知識を、わかりやすく紹介すます。

注文住宅の相場

一般的に家の平均価格は、2,000万〜3,000万円が相場。八戸市の場合、交通アクセスの良い立地条件が揃ったエリアは土地価格が高めだすげ。しかし、駅から車で20分近く離れると、グッと価格が下がるべ。通勤に車を使う人や公共交通機関をほとんど利用しない人は、すこし離れた場所に建てるといいべ。土地の価格を抑えられれば、建物に回せる予算も増えるし、いいことづくめ。こだわりの詰まった家づくりができるべ。 家を建てるのにどのくらいの予算を考えたら良いのか?いまいちわからない人は、注文住宅の相場価格を目安に、理想の住まいをイメージしてみるといやんすよ。

八戸市の注文住宅相場について詳しく

注文住宅の失敗

家を建てるときはできれば失敗をしたくないものだすげ!できるだけ失敗しない家づくりをするためにも、情報収集はもちろん、施工会社は慎重に選ぶことが大切。施工会社選びをするときは、何にこだわっているのか?自分が理想とする家づくりや理念が一致しているか?もチェックだすけ。工事へのこだわりやデザイン・間取りの提案力はもちろん、アフターフォローの充実さも見極めるんだど。家づくりは、完成したら終わりではなく、完成して住み始めてからが、スタート。その後もお付き合いをしたくなるような信頼関係を築ける施工会社を探すのがいやんすよ。実際に家を建てた先輩ユーザーの声を参考にするのもどだげェろうか。

注文住宅ができるまでの流れ

注文住宅は平均で1年〜1年半ほどの期間を費やして建てられるんだど。建売住宅の場合、すでに出来上がっている家を購入するため、諸手続きが完了すれば入居可能。早い場合2週間〜1ヶ月の間には新しい住まいで暮らせるだすげ。注文住宅の場合、土地探しや間取りはもちろん、コンセントの位置や部材なども細かく決めるべ。こだわりのつまった家づくりができる反面、やらなくてはいけない項目はたくさん!土地の購入に施工会社の契約、地鎮祭や上棟式など細かいイベントもあります。どのような流れで家づくりが進むのか?事前に流れを確認ちがるだすげ。

注文住宅ができるまでの流れについて詳しく

注文住宅でかかる税金

家を建てるときには、税金が発生だすげ。印紙代や消費税などの細かい税金から、登記に関する税金や固定資産税など、種類がたくさん!また都道府県によっては、固定資産税の通知書が来る時期が違うこともあるだわよ。八戸では、毎年4月に納付書が送られてくるので、忘れずにはらうんだど。長期優良住宅を建てた場合、5年間の軽減措置もあるから活用するべさ。家を建てるときに、長期優良住宅建築も視野に入れて計画するだすけ。

注文住宅のローン

住宅ローンは、申請した金額をそのまま借りられるのではありません。事前にいくらまで借りられるのか?審査が実施されます。事前審査が通過してから、本審査が実施されるため、約1ヶ月ほど期間をみておくだすけ。一般的に年収の約7倍までは最大借りられると言われていますが、返済することを考えなければいけません。「これだけ借りられるから、こだわり詰まった家が建てられる」と考えるのではなく、ライフステージを考えて「いくらまでだったら、無理のない返済計画が立てられるのか?」を考えるのがポイントだすげ。

自由設計とは

自由設計とは、設備や建物の仕様が決められたプランの中から、間取りを選択・変更して家を建てる建て方だ。間取りの変更はできますが、浴室のタイプや、外装材の仕様などを自由に選択することはできません。

自由設計について詳しく

注文住宅の動線の考え方

注文住宅を建てるときには、快適な生活がでぎるようにさまざまな点を工夫しなくてはいげやんせん。その中でも、毎日の人の動きを決定づげる動線は特にに大切だ。ここでは、そったら各種動線を来まえるときのポイントについて学んでいきますべ。

注文住宅の動線について詳しく

注文住宅の耐震性

注文住宅の耐震性能についてや耐震基準、耐震と免震の違いについて解説していやんす。八戸で家づくりを検討していて、注文住宅の耐震性について知りたい方や疑問がある方は必見だ。

注文住宅の耐震性について詳しく

工務店とハウスメーカーの違い

注文住宅を建てだいと思った場合、工務店とハウスメーカーのどちらに依頼するか迷う方も多いでやんすべ。そもそも工務店とハウスメーカーの特徴やメリット・デメリットについて知ていやんすか?ここでは工務店とハウスメーカーについて分かりやすく解説していくので、どちらがずぶんたちに合てのさか確認してくだせぇなさ。

工務店とハウスメーカーの違いについて詳しく

注文住宅の工法の種類

八戸で注文住宅を建てる時に知っておきたい工法を解説しています。主に採用されているのは「木造軸組工法」「軽量鉄骨造」「鉄筋コンクリート(RC)造」の4種類で、それぞれに特徴があります。メリット・デメリットも紹介するので参考にしてみてください。

注文住宅の工法の種類について詳しく

注文住宅の土地の探し方

注文住宅を建てる際に大事になてくるがは土地の探し方だ。こっつでは、注文住宅用の土地を探すときの流れやポイントについてご紹介していきます。

注文住宅の土地の探し方について詳しく

省エネ住宅

「省エネ住宅」は、毎日暮らす上で必要となるエネルギーを抑えるごどのでぎる、環境にやさしく光熱費の節約にもなる住宅のごど。

省エネ住宅かどぉかは、省エネルギー基準てへる基準によて決定されていやんすどもこれは地域によて気候や環境に差があるため地域ごとで違ていやんす。

ここでは、そったら省エネルギー基準を決めてる「外皮性能」と「一次エネルギー消費量」について詳しい説明と、省エネ住宅を建てるとどったらメリットがあるがかを紹介してます。

省エネ住宅について詳しく

子育てしやすい家の間取りとは?

子どものいる家庭、これから子どもが生まれる予定の家庭にとては、育児しやすい住宅かどぉかはばがみてに大切なポイントだ。

そごで、しっかりと考えてのが間取りについて。子育てしやすい家かどぉかは、間取りに大きく左右されます。

そのカギを握るがが子どもとのコミュニケーション。広めに設計すたリビングやダイニングでなら、遊んでいる子どもを充分に見守るごどができます。

ほかにも子どもと顔を合わせやすい間取りにするごどや、キッチンからも子どもの様子を伺えるようにすなんど、間取りへの工夫はいっぺありまし。

子育てしやすい家の間取りについて詳しく

八戸で注文住宅を建てる際には大雪対策が重要

冬、特に降雪量の多い八戸では、注文住宅の建設に大雪対策は欠かせやんせん。冬に快適な暮らしがでぎるかどぉかは、大雪対策にかかてるとへても過言じゃなさだ。

では、実際にどのような大雪対策があるがでやんすべ。その対策は大きく2つに分げるごどができます。まず、市なんど外部からの除雪支援。そやてもうひとつが、注文住宅を建てる際に自らほどこす大雪対策だ。例えば屋根や、雪かき不要の設備なんど、しっかど説明すます。

八戸の大雪対策について詳しく

家の結露を防ぐには

「結露」とは、外気温が低くなると、家の中との温度差によて生じる窓ガラスなんどの水滴のごど。

窓ガラスのように表から見える「表面結露」もカビやダニを増やす原因になりやんすが、さらに気をつげてのが「内部結露」だ。

内部結露はこどばの通り、まなぐにはつかなさ建物の構造の内側で起こりやんす。例えば壁の内側や床下なんど。こったら内部結露が発生せば柱や土台なんどの木材が腐食する原因にもなてしまいやんす。

では、こうすた結露を防ぐためにはどぉすたらいのでやんすべ。ここでは、結露を防ぐ気密性や換気についてもしっかどふれていやんす。

家の結露を防ぐ方法について詳しく

注文住宅@八戸のオススメ会社、値段・プラン・知名度・制震/耐震で選びやんすた