八戸で注文住宅建てるなら イチニサンヨンのポイント伝授だすけ » 八戸で家を建てるときに知っておきたい基礎知識だべ » 住宅の日当たりはどうする?

公開日: |最終更新日時:

住宅の日当たりはどうする?

こっつの記事では、家がどのような方角を向いてると日当たりはどぉなるがか?てへる疑問にお答えしていやんす。それぞれの方角の特徴について知ておきますべ。

方角ごとの日当たり

東向き

まず、東向きの家は午前中の日当たりが良くなりやんす。そのため、あさま日の中で気持ちよくまなぐっこ、覚めるごどができます。

その後、昼過ぎには日が入りにくくなるために部屋が薄暗くなるすげぇ、午後には照明をつげる、てへるごどがいっぺなりやんす。

また、東向きの場合には日中直射日光が入りにいごどから室内の気温が上がりにくい、てへる点も特徴だ。夏は涼しく過ごせますが、その反面ばんげは冷えを感じるごどもありやんすべ。

西向き

西向きの家の場合には、西日が良く入りやんす。このごどから、夕方から日当たりが強くなるため、夕方をすぎても部屋の中が暖かい状態になりやんす。その反面、あさまは日差しが入りにくいだめ暗い印象となるごどがいっぺ、特に天気が悪い場合には照明が必要となる場合もありまし。

また、西日が眩しい・暑いと感じるごどもあるかもしれやんせんし、直射日光が入る場合には床や家具が日焼げしてしまわなさように対策が必要だ。

南向き

南向きの家の場合には、1日を通して日当たりがい点が特徴だ。日が当たる時間が長いだめ家の中が明るく、さらに洗濯物が乾きやすいてへる面も。さらに、日当たりがいごどから部屋の中があたたかくなりやすく、照明をつげる必要もなさため、電気代が抑えられる傾向もありまし。

その反面、日が長く当たるごどから床や家具が日焼げしやすい点には注意が必要でやんすべ。また、夏は日差しによて部屋の温度が上がりすぎるといったデメリットもありまし。

北向き

北向きの家は日当たりが悪いだめ、直接の日差しが入りにくい傾向がありまし。そのため、昼間にも証明が必要だたり、部屋の中があたたまりにくく暖房が必要になるごどもありやんすべ。さらに、結露はカビが発生するごどもありまし。

たんだぁ、日差しが入りにくいだめ夏は涼しく感じるごどもありましし、床や家具の日焼げがしにくいといったメリットも考えられます。

日当たりのメリット・デメリット

日当たりがいごどについては、メリット・デメリットの両面がありまし。

まず、日当たりがい場合のメリットは、「あさまに太陽の日差しによて爽やかに起きられる」「洗濯物がよく乾く」「室内にカビが生えにくい」「冬でも太陽の光によて部屋の中があたたかく感じる」といったものが考えられます。

その反面、日当たりがいごどによるデメリットは、「夏は部屋の中が暑くなりすぎるため電気代がかさむ」「家具や床が色褪せやすい」といったごどが挙げられます。

注文住宅@八戸のオススメ会社、値段・プラン・知名度・制震/耐震で選びやんすた