八戸で注文住宅建てるなら イチニサンヨンのポイント伝授だすけ » 八戸で家を建てるときに知っておきたい基礎知識だべ » 注文住宅のローン

公開日: |最終更新日時:

注文住宅のローン

注文住宅を買う時、土地代や建設費にばがり気を取られがちでやんすが、返済計画を立てる上では金利も考えなくてはなりやんせん。住宅ローンには下記の3種類の金利プランがあるがで、それぞれの特徴を把握し、無理のなさ返済計画を立てくだせ。

住宅ローンの金利

次の3つのうち、どの金利プランが有利なのかは、将来の金利情勢によても変わてくるがで、一概には言えやんせん。ただ、返済期間が短いとか借入額が少なさ場合は、変動型が向いてると言われていやんす。逆に返済期間が長く、将来の金利上昇が不安なら、金利の動向を受げなさ固定型の方が安心だ。

変動金利型

文字通り、市場金利に連動して変わるプランで、大抵の場合、半年ごとに金利の見直しが行われている。また返済金額も5年に1回のペースで見直され、家計への影響を考慮して、増額の上限は1.25倍までとされていす。他の金利プランより、低金利なのがメリットだ。

固定金利型

ローン返済期間中の金利が、常に一定してるプランだ。変動金利型とちがるがは、市場の金利変動に左右されるごどもなく、完済まで金利が見直されなさ点だ。返済プランが立てやすく、家計管理がしやすいのがメリットでやんすが、市場金利が低下しても、その恩恵は受げられやんせん。

固定金利期間選択型

返済者が借入時に2年とか3年、5年、10年間といった期間を選択し、その期間は金利を固定しておくプランだ。金利は固定金利期間によて異なり、長くなるほど高くつく。尚、期間を終えた後には、引き続き固定金利にするか、変動金利に切り替えるか選択でぎるがで、その時の金利情勢を見ながら、有利な方を選べばいでやんすべ。

住宅ローンの注意点

金利以外にも住宅ローンの利用に際して、気を付げて欲しい点がいくつかありまし。

ローンの融資開始前にも支払いが必要!?

住宅ローンの融資は、建物の引き渡しにより開始されやす。んだども注文住宅の場合、建売住宅や分譲マンションとは違て、請負契約時には建物がまだ存在していやんせん。つまり、契約時点では融資が受げられなさ訳でやんすが、それでも竣工や引き渡しの前までに、土地の購入費の他、手付金、着工金、中間金なんどの建築工事費の支払いが必要となりやんす。

それらの費用は自己資金に余裕がなさ限り、つなぎ融資や分割融資で賄うごどになるでやんすべ。一部の金融機関では、こうすた融資も利用でぎる住宅ローンを用意していやんすどもその数は限られていやんす。八戸で融資先を探す際は、注文住宅向げの住宅ローンを利用でぎる金融機関を見つげてくだせ。

注文住宅を建てるには、こったらふうに複数回にわたる支払いが必要になり、その度に融資が実行されるごどになりやんす。手続きも利息の支払いも複雑で、例えばつなぎ融資なんどは住宅ローンとは別契約だし、金利も高くついだりすます。

更に各種の手数料や保険料の支払いや、住宅ローンの金利にも気を配らなくてはなりやんせん。契約から建物の引き渡しまで、その時々で必要となる諸費用や利息額を正確に把握しておかなさと、後々、支払いに苦労する恐れがありまし。多額のお金を借りて住宅ローンを組む以上、専門家とよく相談し、慎重な資金計画を立ててくだせ。

注文住宅@八戸のオススメ会社、値段・プラン・知名度・制震/耐震で選びやんすた