八戸で注文住宅建てるなら イチニサンヨンのポイント伝授だすけ » 八戸で家を建てるときに知っておきたい基礎知識だべ » 八戸で注文住宅を建てる際には大雪対策が重要

公開日: |最終更新日時:

八戸で注文住宅を建てる際には大雪対策が重要

八戸市で注文住宅を建てる際に忘れてはなんなさ対策の一つが大雪対策だ。冬場の降雪量の多い八戸市で大雪対策を行わなげれば快適な生活は手に入りやんせん。そごで八戸市で住むにあたて、どのような大雪対策をおこなうべきなのかを見てみるとすますべ。

八戸の積雪事情

令和元年から令和2年2月までの統計では、降雪が確認できた日の中で、降雪量が10cmを越えたのは2日のみだた。日本海側と比べると降雪量は少なかっだんだども、令和3年1月には最深積雪44cmを記録しやんすた。

ちなみに40cmを越えたのは7年振りとのごどでやんすが、異常気象現象の影響なのか、八戸市での積雪が決して軽視でぎなさものになてるごどが分かりやんす。

過去にあった大雪と除雪支援

ロータリ除雪車を派遣

2014年、八戸市でも積雪を記録しやんすた。この時には八戸市としてなす動きやんすた。ロータリー除雪機を支援車両としてなす手配し、除雪作業を行いやんすた。また、除雪作業と共に孤立集落の解消のために現地の情報収集や除雪のための作業指示も実践し、終日除雪作業を行ていやんすた。

こったらふうに、八戸市ではかつて大雪が降った経験がありましが、行政がスピード感を持て支援していやんすた。今後も八戸市で大雪を記録せばきには、こったら支援が期待でぎる一方で、大雪はいつ降るか分かりやんせんので、冬場となればいつ雪が降るか分からなさだげに、行政からの支援に頼るだげではなく自らによる対策も大切だ。

注文住宅でできる大雪対策

屋根&雪かき不要が大雪対策

八戸市のような降雪地域におげる大雪対策としてなすあげられるががまずは屋根だ。例えば電熱や温水循環方式、ヒートパイプ、生活排熱等を用いだ屋根を採用するごどで、手間をかげるごどなく屋根の除雪が可能だ。

また、克雪住宅を採用するがもポイントだ。克雪住宅には耐雪型、落雪型、融雪型があるんだども、いずれも人間の力で雪かきするがではなく、構造によて自動で雪を対処すます。

耐雪型に関してはあくまでも雪の重みに耐えられる強化のみでやんすが、どれか一つを組み合わせるがではなく、組み合わせるごどで雪かきが不要になりやんす。

いずれにせよ、八戸市のように雪が降るエリアではこったら克雪住宅を検討してみるがもいでやんすべ。

注文住宅@八戸のオススメ会社、値段・プラン・知名度・制震/耐震で選びやんすた