八戸で注文住宅建てるなら イチニサンヨンのポイント伝授だすけ » 八戸で家を建てるときに知っておきたい基礎知識だべ » 子育てしやすい家の間取りとは?

公開日: |最終更新日時:

子育てしやすい家の間取りとは?

八戸市で注文住宅を建てる際、子育てをしやすい間取りにすてでやんすよなさ。そごで、子育てをしやすい間取りとはどのようなものか、具体的に解説すます。家を建てるときの参考にしてみてくだせぇ。

リビングは広めに設計する

子どもが生まれてから小学校に進学するくらいまでは、子どもを1人にするごどはなく、だいてぇの時間を両親と一緒にリビングで過ごすごどになりやんす。家族がいつもいるリビングやダイニングが広げれば、子どもが十分に遊ぶ空間があり、安全に見守るごどができます。将来的に家族が増えた場合んだども、リビングが広げれば手狭になるごどもなさだ。

子どもと顔を合わせる作りにする

間取りを考えるとき、生活動線をよく考える必要がありまし。子どもとぜて顔を合わせるような動線を考えて部屋の配置をすますべ。例えば、玄関から直接子ども部屋に行げるようにしてしまうと、家族と顔を合わせるごどがなさでやんすが、リビングを通らなさと子ども部屋に行げなさ間取りにすれば、ぜて顔を合わせるごどになりやんす。

キッチンから子どもの様子が確認できるようにする

子どもが小さいうちはまなぐが離せなさげれど、食事の準備や片付げでどやしてもキッチンに立つ時間は出てきてしまいやんす。対面式キッチンなんどにして子どもの様子が確認でぎるようにせば、料理や洗い物をしながらでも見守るごどができます。

子どもからでもキッチンにいるパパやママが見えるがで、安心感に繋がりやんす。

専用の収納スペースを設置する

子どもは基本的にリビングで遊びますが、片付げても片付げてもすぐに散らかてイライラしてしまうごどがありまし。そうなんなさためにも、子どものおもちゃや絵本、お絵かき道具なんどを収納する専用スペースを設置すますべ。

造作家具なんどで作ておげば、部屋の雰囲気を損なわず、子どもがずぶんで上手に片付げるごどもできます。

段差を少なくする

小さな子どもは、ちょぺっとすた段差にもつまづいてしまいやんす。特に、ハイハイを始めた頃から歩き出すた頃は、運動機能がまだ十分に発達していなさべがため、よちよち歩きで転ぶごどもいっぺありまし。そのどき、段差があると引っかかて転んだり、転んだ先の段差であだまや顔をぶつげたりする危険も。でぎる限り段差のなさバリアフリーの家にすますべ。バリアフリーの家は、将来高齢者が過ごしやすい家にもなりやんす。

注文住宅@八戸のオススメ会社、値段・プラン・知名度・制震/耐震で選びやんすた